犬夜叉 特別編 あれから

今週は、境界のRINNE はお休みでした。
その代わり、「大震災復興支援企画・ヒーローズ・カムバック」でした。


復興への願いとともに犬夜叉、再び・・・・・・!!

完全新作読切34P!!

犬夜叉 特別編 あれから


今回の妖怪は「根の首」という妖怪でした。

植物の根のようなものが、人の首だけを持ち去るのでこのような名前になっているようですね。

でも、「根の首」は「根の国」あるいは「寝首」を連想させますね。駄洒落的に。(^^)

根の国は古事記などに出て来ますが・・・一般に地底にある死者の国とされていますね。(^^)

寝首は、「寝首を掻く」というように・・・人が寝ている時に襲ってその首を斬ることですね。転じて卑怯な不意打ちの意味で使われますね。(^^)


弥勒の説明では、根の首は、「地下に根を張りながら人の養分を吸い取る妖怪」ということです。これは、テレビアニメのデビルマンに出てきた、「ウッドドウ」という妖獣になんとなく似ています。
まあ、妖獣ウッドドウは、植物ではなくて植物を操る芋虫のような妖獣でしたが・・・(^^)




犬夜叉 特別編 あれから 高橋留美子 週刊少年サンデー
犬夜叉 特別編 あれから 高橋留美子 週刊少年サンデー

殺生丸は屋根の上に「つっ立って」 りんちゃん たち を守っていたようですね。(^^)

立っている位置が屋根の中央ではなく、屋根の端ですね。・・・もしかするとこれは「鬼瓦」に擬態しているのかも・・・・(^^)

最強の魔除けということになるかもしれませんね。(^^)

参照:
りんね/考 第22話 10万円 手型
りんね/考 第76話 呪いの調理台 [角大師]




ゆうれい滝の伝説

小泉八雲 著 山宮允 訳

伯耆(ほうき)の国の黒坂村の近くに、ゆうれい滝があります。どうしてそういわれるか、私はぞんじません。滝つぼの近くに、この土地の神様を祭った小さな神社(おやしろ)があって、その神様を土地の人は、滝大明神と呼んでいます。神社の前には、信者たちがお賽銭を入れる小さな木の箱がありますが、その賽銭箱にはいわれ話があります。

 今から三十五年前の、とても寒い冬の晩のことでした。黒坂の、ある麻取場で使われている女房たちや娘たちが、その日の仕事をおえ、機織部屋の大きな炉のまわりに集まり、怪談に花をさかせていました。十あまりの話をしおえた頃には、集まった人たちはみんなうすきみ悪くなりましたが、ひとりの娘が、もっと皆をこわがらせようと思って、「今夜あのゆうれい滝にたったひとりでいってみたらどうかしら。」と大きな声でいいました。そういわれてみんなは、思わずきゃあといって、それからかん高い声で笑いくずれました。・・・・

 すると中のひとりが、あざけるように、「行った人には、わたしがきょう織った麻をみんなあげるわ。」といいました。「わたしもあげるわ。」といまひとりがいうと、いまひとりが「わたしも。」といいました。するといまひとりは「みんながね。」といいました。
 すると機織りたちの中から、大工の女房の安本お勝という女が立ちあがりました。お勝は、ふたつのひとりむすこを暖かくねんねこにくるんで、背におぶって寝かせていました。

「のう、もしほんとうにみなさんがきょう織った麻をみんな私にくださるなら、私はゆうれい滝に行きます。」とお勝はいいました。お勝がこういうと、みんなはおどろき軽蔑の声をあげました。で、みんなは、お勝がゆうれい滝に行ったら、その日織った麻をのこらずあげるといって、賛成しました。
「でも、ほんとうに神社(おやしろ)にいったことが、どうしてわかるかしら。」と、誰かが鋭い声でいいました。
「なに、お勝さんに賽銭箱を持ってきてもらえばいいでしょう。」と、みながおばあさんと呼んでいる女が答えました。
「そうしましょう。」といってお勝は、ねむった子を背負ったまま、勢よく出て行きました。

 その晩はごく寒い晩でしたが、晴れていました。お勝は人っ子ひとり通らない道を急ぎ足で行きました。身を切るような寒さのために、村じゅうの家は入り口の戸をみんなかたく閉ざしていました。村を出るとお勝は、広い通りをぴちゃぴちゃと走りました。道の両側は凍てついたたんぼが、しずまりかえっていて、明かりは星の光ばかりでした。半時間ばかり、お勝はたんぼ道を行きました。それから崖につづく狭い道へまがりました。行くにしたがってその小道は、ますます暗く、でこぼこになりました。しかしお勝は、その道にはなれていました。まもなく、滝のごうごういう音がきこえてきました。すこし行くと、その小道は広い谷に行き当たり、低かった滝の音は急に大きくなりました。そして、ゆくての暗やみの中に、滝が一筋長く、ぼうっと光っているのが見えました。神社と賽銭箱がほのかに見えました。お勝はまっしぐらに進んで行って、手をのばしました。

 するととつぜん、「おい、お勝さん。」と、どうどう砕け落ちる滝の上から、たしなめるこえがしました。お勝はおそろしさに身をこわばらせ、その場に立ちすくみました。
 すると再び、前よりいっそうはげしい調子で、「おい、お勝さん。」という声がひびきました。けれどもお勝は、とても気丈な女でした。すぐ気を取りもどし、賽銭箱を引っさらってかけだしました。大通りに出ると、ちゃっと立ちどまって一息つきました。それからお勝は、休まずにまたぴちゃぴちゃと黒坂につくまで走りつづけ、麻取場の戸をどんどんたたきました。

 お勝が息をはずませ、賽銭箱を手に持って入ったとき、女房たちや娘たちはわあと声を出しておどろきました。みんなは息をのんで、お勝の話をききました。みんなはお勝が、ゆうれい滝から二どもお勝の名を呼んだ声のことを話したときには、じっさいその声をきいたようにきゃあという声を出しました。・・・なんという女だろう。気丈なお勝。これじゃあどうしても、麻をみんなあげやらくちゃ。・・・
 すると例のおばあさんが、大声でいいました。

「それにしてもお勝、赤ちゃんはさぞ冷たかったろうの。もっと火のそばにつれてらっしゃい。」
「おなかがすいたろうから、すぐにお乳をあげようね。」と、お勝がいいました。
「かわいそうに、お勝。」とお婆さんは、赤子のねんねこを取ってやりながら、いいました。「まあ、せなかがぐしょぬれね。」

 そのときお婆さんは、しわがれた声で叫びました、「あらっ、血だよ。」
 脱いだねんねこの中から、血だらけの着物が床に落ちました。中からは、小さな茶色の手足が出ただけで、他には何もありませんでした。
 子供の頭はもぎ取られていました。・・・



英語原文は次で読むことができます。
Lafcadio Hearn
The Legend of Yurei-Daki

テーマ : 犬夜叉
ジャンル : アニメ・コミック

境界のRINNE-(りんね/考)
フレーム 解 除 
過去のTop絵










新品★一番くじMINIメモリアルふせん Aver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん Bver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん★Cver.
著作物の引用について
りんね/考では、原作漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオ、映画などの、画像を多数引用しています。これらは、作品を考察する上で、必要不可欠の引用です。 これらの引用は、著作権法上認められているものです。このことは、「脱ゴーマニズム宣言」を巡る、小林よしのり氏と、上杉聰氏の裁判の中でも確認されています。
脱ゴーマニズム宣言事件 漫画の引用と複製権の侵害の有無 (東京高裁判決) については、荒竹純一弁護士が運営されている Netlaw 東京高裁判決にてご確認下さい。
著作権法については、社 団法人 著作権情報センター でご確認下さい。

リンク
RINNEアニメ化待機し隊!!
shiwakutya
輪廻の森
萌えた本を語る!

相互リンク大歓迎です。メールや掲示板でお知らせ下さい。
関連サイト
う る星やつらの博物誌
ら んま/考
犬研(犬 夜叉の研究)
Twitter @urubosi82
お絵描きるーみっく
掲示板
メール フォーム
blog 雑話
欧米での日 本のアニメ
Urusei and Ranma
北越雪譜
管理画面
最近記事のRSS
りんね考バナー1
りんね考 バナー2
りんね考 バナー3
「輪廻の森」の遥澄さんにバナーを作っていただきました。
ブログランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ブログ王ランキング
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ