境界のRINNE [血の涙][伊勢物語六十九狩の使い]

六道りんね君は、第3話では、スズキ先生からもらったジャージを幽霊のスズキ君に与えることになり、 「血の涙」を流していましたが、今回第21話では、自分と幽霊の2人分の遊園地の入場料を払って・・・・

赤字だ。

と「血の涙」を流していました。

血の涙というのは、「悲しみや苦しみのために、流す涙のたとえ」 ですが、りんね君の場合、本当に血が流れていたかもしれませんね。(^^)

「血の涙」という言葉は意外と古く、前に「九十九髪」で取り上げた、伊勢物語に出てきます。

伊勢物語 六十九 狩の使

在原業平(ありわらのなりひら) が、狩の使* として、伊勢の国へと行った時に、伊勢神宮の巫女である斎宮 (さいぐう)*に恋をして、「お逢いしたい」と無理に言った。

斎宮もそれを拒絶することもできな かったので、人が寝静まってから、男の寝ているところにやって来た。夜中の11時ごろから午前2時ごろまで、一緒にいたが、打ち解けて話しあわぬうち に、女は帰ってしまった。

野に歩けど、心はそらにて、今宵だに人しづめて、いととくあはむと思ふに、国の守、斎の宮(いつきのみや) の頭(かみ) かけたる、狩の使ありと聞きて、夜ひと夜、酒飲みしければ、もはらあひごともえせで、明けば尾張の国へたちなむとすれば、男も人しれず血の涙を流せど、えあはず。



翌日、男は野に狩に出ても、心はうつろで、今晩は、人が寝静まってからすぐにでも逢いたいと思っていると、伊勢の国の守で、斎宮の寮の長官を兼ねた人が、狩の使が来ていると聞いて、一晩中酒宴を催したので、全く逢うことができず、夜が明けると尾張の国へ出立することになっていたので、男は人しれず血の涙を流したが逢うことはできなかった。
・・・・・

註: 狩の使* 鷹狩をして宮中の宴会用の野鳥を獲らせるために、諸国に使わした勅使のこと。(国司の監視の役割をしたのではないかとも言われている)




でも、この伊勢物語の話は物凄いものなんだと思います。

天皇がかわる時に、未婚の内親王(天皇の娘)・いない場合は、女王(天皇の孫など) から伊勢神宮を祭る巫女が、占いによって選ばれます。この巫女を斎王と言います。

それでこの斎王の住まう場所を、斎宮というのですが、伊勢物語などでは、斎王の住まう斎宮が、斎王をも指す言葉になっているようです。

天皇の肉親の娘が占いによって、斎王に選ばれると、まず宮城の中に作られた初斎院(しょさいいん) というところで、3年間の厳重な潔斎の生活をします。その後、宮城を出て野宮で一年過ごします。そしてそれからやっと、伊勢の斎宮へと住むことになるそうです。

斎王とは、アマテラス大神の杖となる者、つまり、アマテラス大神の神霊をその身に乗り移られる霊媒となる者だそうです。

これは、邪馬台国では、卑弥呼が霊的な存在で、弟が実務を行ったというのと同じで、天皇が実務を行い、宗教的なものを、斎王が行うというように解されているようです。

ですから、斎王に恋心を抱き、斎王がそれに応えるなどということは、禁忌中の禁忌であり、絶対にあってはならないことだったのではないでしょうか?

であるからこそ、そこに、ロマンを感じるというか・・・(^^)

テーマ : 境界のRINNE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。
いつも楽しく読まさせて頂いて居ります。
今回の血の涙の件ですが、もしかしたら竹取物語が一番最初に物語中に登場したのかもしれませんね。
なんせ日本最古と言われてますし・・・
そうなりますとこの表現にはとてつもない歴史を感じますね。

No title

コメントありがとうございます。

かぐや姫が、飛ぶ車に乗って帰ってしまってから、

「その後、翁、嫗、血の涙を流して惑へど、かひなし。」

という部分ですね。ありがとうございました。

竹取物語の成立が、9世紀後半から10世紀前半と言われており、伊勢物語の成立は、11世紀ごろでしょうか。
ただ、「 狩の使」の話は、伊勢物語の原型となる可能性が高く、成立は10世紀ごろではないかと言われています。

また、血の涙は、漢語の「血涙(けつるい)」からのもののようですから、白楽天の「長恨歌」から日本に普及したと勝手に推測し、「血の涙」という表現自体は、10世紀ごろには既に成立していたと考えます。(^^)

ということは、「血の涙」という言葉は、少なくとも1000年以上前から使われているということで、本当に歴史を感じますね。(^^)

コメントを参考に色々と考えることができました。ありがとうございました。
また、何かありましたら是非よろしくお願いします。
境界のRINNE-(りんね/考)
フレーム 解 除 
過去のTop絵










新品★一番くじMINIメモリアルふせん Aver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん Bver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん★Cver.
著作物の引用について
りんね/考では、原作漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオ、映画などの、画像を多数引用しています。これらは、作品を考察する上で、必要不可欠の引用です。 これらの引用は、著作権法上認められているものです。このことは、「脱ゴーマニズム宣言」を巡る、小林よしのり氏と、上杉聰氏の裁判の中でも確認されています。
脱ゴーマニズム宣言事件 漫画の引用と複製権の侵害の有無 (東京高裁判決) については、荒竹純一弁護士が運営されている Netlaw 東京高裁判決にてご確認下さい。
著作権法については、社 団法人 著作権情報センター でご確認下さい。

リンク
RINNEアニメ化待機し隊!!
shiwakutya
輪廻の森
萌えた本を語る!

相互リンク大歓迎です。メールや掲示板でお知らせ下さい。
関連サイト
う る星やつらの博物誌
ら んま/考
犬研(犬 夜叉の研究)
Twitter @urubosi82
お絵描きるーみっく
掲示板
メール フォーム
blog 雑話
欧米での日 本のアニメ
Urusei and Ranma
北越雪譜
管理画面
最近記事のRSS
りんね考バナー1
りんね考 バナー2
りんね考 バナー3
「輪廻の森」の遥澄さんにバナーを作っていただきました。
ブログランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ブログ王ランキング
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ