境界のRINNE 第36話 死神鳳(しにがみあげは) [アゲハチョウ]

今回新たに、女死神の鳳(あげは) が登場したのですが・・・・

という一字で、「あげは」 と読むのは難しいですね。

漢和辞典の場合、かなり大きなものでも、「あげは」という字は充てられていないと思います。(^^) 普通は、

鳳(おおとり) 鳳凰(ほうおう)の雄 
というようなことしか書かれていないと思います。

しかしちょっと大きめの国語辞典ならば、アゲハチョウの項目に、

鳳蝶(アゲハチョウ)

と載っているかもしれません。

和漢三才図会などによると、鳳蝶は、「ほほちょう」(ほおちょう) という読みだったようです。
どうして鳳の字が充てられているかというと、アゲハチョウの後ろ羽が、鳳凰の尾に似ているからこの字が充てられたようです。

手塚治虫の火の鳥にも出てきましたが、鳳凰はクジャクのような外観をしていると考えられていましたから、クジャクの尾とアゲハチョウの後ろ羽が似ているということですね。

老松白鳳
老松白鳳 伊藤若冲

それでは、なぜ、鳳蝶が 「あげはちょう」 となったかというと、

「あげはちょう」はもともとは、「あげはのちょう」 と呼ばれていました。

それは、アゲハチョウは、花などにとまった時にも、羽を開いておらず閉じて上げているので、揚羽の蝶(あげはのちょう) と呼ばれたそうです。

ですから、羽を上げて休む蝶は皆、揚羽の蝶と呼ばれていたようです。

こうして、鳳蝶(ほほちょう)(ほおちょう) → 鳳蝶(あげはちょう) と読むようになったようです。

 
この他、アゲハチョウには、色々な呼び名があったようです。

鳳子(ほうし) 鳳車(ほうしゃ) 蛺蝶(きょうちょう)

クロアゲハは、蝙蝠蝶(こうもりちょう) 地獄蝶(じごくちょう) などと呼ばれることがあるようです。

地獄蝶というのは、死神にぴったりのように思えます。(^^)



ところで、鳳(あげは) は、りんね君を堕魔死神と勘違いして、銭で攻撃していましたが・・・

境界のRINNE 第36話 死神鳳(しにがみあげは) 高橋留美子 週刊少年サンデー
境界のRINNE 第36話 死神鳳(しにがみあげは) 高橋留美子 週刊少年サンデー

これは、寛永通宝 なんでしょうか?

寛永通宝

銭形平次のようですね。もしかすると、そのうちに、黒門町 (黒紋蝶) の伝七 も登場するかも・・・(^^)

テーマ : 境界のRINNE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

拍手からコメントを下さった方へ
コメントありがとうございました。
言われてみると、魂子さんの、黒い振袖からも、クロアゲハのイメージがありますね。(^^)
境界のRINNE-(りんね/考)
フレーム 解 除 
過去のTop絵










新品★一番くじMINIメモリアルふせん Aver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん Bver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん★Cver.
著作物の引用について
りんね/考では、原作漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオ、映画などの、画像を多数引用しています。これらは、作品を考察する上で、必要不可欠の引用です。 これらの引用は、著作権法上認められているものです。このことは、「脱ゴーマニズム宣言」を巡る、小林よしのり氏と、上杉聰氏の裁判の中でも確認されています。
脱ゴーマニズム宣言事件 漫画の引用と複製権の侵害の有無 (東京高裁判決) については、荒竹純一弁護士が運営されている Netlaw 東京高裁判決にてご確認下さい。
著作権法については、社 団法人 著作権情報センター でご確認下さい。

リンク
RINNEアニメ化待機し隊!!
shiwakutya
輪廻の森
萌えた本を語る!

相互リンク大歓迎です。メールや掲示板でお知らせ下さい。
関連サイト
う る星やつらの博物誌
ら んま/考
犬研(犬 夜叉の研究)
Twitter @urubosi82
お絵描きるーみっく
掲示板
メール フォーム
blog 雑話
欧米での日 本のアニメ
Urusei and Ranma
北越雪譜
管理画面
最近記事のRSS
りんね考バナー1
りんね考 バナー2
りんね考 バナー3
「輪廻の森」の遥澄さんにバナーを作っていただきました。
ブログランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ブログ王ランキング
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ