境界のRINNE 第205話 魔女の末裔

今回、ショッピングモールの姉の正体が判明しました。
祖母がフランス人のクオーターで、美人、すっげー巨乳の、「姉祭・アネット・瞳」さんでした。(^^)

そしてその先祖は中世フランスで・・・魔女・・・と呼ばれていた。
そうです。(^^)

魔女と言っても、悪魔と契約したのではなく、死神と契約したそうで・・・
パンとかと交換したと伝えられているそうです。(^^)

でも、中世のフランスでは、死神という概念がまだはっきりしていなかったようです。

Dance of Death
死の舞踏 中世の秋 ホイジンガ
Dance of Death (Danse Macabre) 1424 Paris.
The Autumn of the Middle Ages by Johan Huizinga

ホイジンガによると、この骸骨は、死神ではなくて、死んだ後の姿を表しているそうです。
当時、「死を思え!(memento mori)」という言葉とともに、この死の舞踏の絵画が広く描かれたそうです。

この画像が後に死神へと変容していったといわれています。

がしかし。(^^)

死神という概念は紀元前からヨーロッパにあったように思います。

たとえば、紀元前6世紀ごろのイソップの物語には、次のような話があります。

老人と死神

 その老人は、森で木を切り出し、切り出した木材を町へ運ぶ仕事をしていた。
 ある日のこと、老人はいつものように、重い荷物を背負って、長い道のりを歩いていたのだが、とうとう、精も根も尽きてしまい、道ばたにへたり込むと、背中の荷を放り出し、「ああ、もう死んでしまいたい。」 と深く溜息をついた。
 すると突然死神が現れ、「私を呼んだのはお前か?」と尋ねた。
 老人は、慌ててこう答えた。
「おお、ちょうどよいところへ来てくれました。この荷物を背負うのを、ちょっと手伝ってくれませんか?」


ここでは死神と訳されていますが、これは、「死」の擬人化のようなものなのかもしれません。
まあ、それでも死神のようなものは、既に紀元前からあったということになると思います。(^^)

参照: Urusei Ranma Dance of Death




姉祭先生の持つ、水晶玉は「のぞき玉」とも呼ばれていますが・・・

うる星やつらには、「らぶらぶキャッチボール」というのが出てきました。(^^)

うる星やつら 12-11 テンからの贈り物!! 高橋留美子 小学館
うる星やつら 12-11 テンからの贈り物!! 高橋留美子 小学館

この玉を覗くと、未来の結婚相手が見えるという・・・・

同じような玉は、ゲーテのファウストにも出てきます。

ゲーテ ファウスト 高橋健二訳 河出書房
ファウスト悲劇の第1部 872-883

老婆 (町の娘たちに) おや、えらいおめかしだね! かれいなお嬢さん!
だれだって、ぞっこんほれこみますよ---
そう澄まさなくってもいいよ! もうわかったよ!
おまえさんがたの望みは、わたしがかなえてあげるよ。

町の娘 アガーテさん、行きましょうよ!
あんな魔法のばあさんと人まえで道づれになっちゃ大変よ。
あの人、聖アンドレアスの晩に
未来のいい人の姿をまざまざと見せてくれたんだけど---

第二の娘 わたしには水晶の中に見せてくれたわ。
軍人で、多ぜいのいかつい人といっしょにいたわ。
それから、わたし気をつけて、ほうぼうさがすけど、そんな人に出くわさないのよ。
・・・・・



なくしても必ず手許に戻ってくるという話しについては・・・・
参照: りんね考 第50話 負の連鎖 [捨てても戻ってくる]

何でも見通せるということについては、また、機会があると思います。

テーマ : 境界のRINNE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

205話を読んで「悪魔じゃなくて死神と契約??」って思ってたので、このブログの解説を待ってたんですよ。
中世ヨーロッパの時点では、死神って概念はまだはっきりしてなかったんですね。
現代では死というのは身内の不幸でない限り、日常生活から隠されたものになってしまいましたが、昔はもっと身近なものでしたから、いろんな逸話が生まれたのでしょうね。
参考になりました(^^)

No title

このお姉さんがやって来てどんな騒動が起こるやら?(・▽・)

あやめさんは高橋留美子先生がモデルなんて噂もありますが
このアネット・瞳さんは誰がモデルなのかな? 該当しそうな人がいないです

死神のようなのは紀元前にもういましたが,
中世フランスでもぼんやりした存在だったんですね

このガイコツが元祖死神ですか(^0^) 導いているのはどこかの王族かな

未来が見える,手元に戻ってくる,と
前にあったことがまた発生しています(^▽^)

Re: No title

> 205話を読んで「悪魔じゃなくて死神と契約??」って思ってたので、このブログの解説を待ってたんですよ。
> 中世ヨーロッパの時点では、死神って概念はまだはっきりしてなかったんですね。
> 現代では死というのは身内の不幸でない限り、日常生活から隠されたものになってしまいましたが、昔はもっと身近なものでしたから、いろんな逸話が生まれたのでしょうね。
> 参考になりました(^^)


お返事が遅れて申し訳ありません。

ニュースやドラマでは、死についてたくさん伝えられていますし、未来の予言として確実な唯一のことは、「死」である。とか、人は死ぬために生まれる。とか言われますが・・・その言葉の実際の意味を実感を持って理解するのはなかなか難しいのかもしれませんね。(^^)

現代社会では、死というものが、氾濫しているのにも係わらず・・・実感されない。隠されているというのはどうしてなのか? 不思議ですね。

そういえば、境界のRINNEも死神が主人公でした。(^^)

Re: No title

> このお姉さんがやって来てどんな騒動が起こるやら?(・▽・)
>
> あやめさんは高橋留美子先生がモデルなんて噂もありますが
> このアネット・瞳さんは誰がモデルなのかな? 該当しそうな人がいないです

あやめさんが留美子先生がモデルという噂があるんですか。
知りませんでした。(^^)

本来、死の舞踏図は、死神ではなく王侯貴族の死んだその姿を描いたものであるはずなのに・・・・
この絵の骸骨は死神の鎌を持っていますね。(^^)
このあたりもどうも混乱していますね。(^^)


> 未来が見える,手元に戻ってくる,と
> 前にあったことがまた発生しています(^▽^)

なにか無限に同じことが繰り返されそうですね。(^^)

境界のRINNE-(りんね/考)
フレーム 解 除 
過去のTop絵










新品★一番くじMINIメモリアルふせん Aver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん Bver.


新品★一番くじMINI メモリアルふせん★Cver.
著作物の引用について
りんね/考では、原作漫画、テレビアニメ、オリジナルビデオ、映画などの、画像を多数引用しています。これらは、作品を考察する上で、必要不可欠の引用です。 これらの引用は、著作権法上認められているものです。このことは、「脱ゴーマニズム宣言」を巡る、小林よしのり氏と、上杉聰氏の裁判の中でも確認されています。
脱ゴーマニズム宣言事件 漫画の引用と複製権の侵害の有無 (東京高裁判決) については、荒竹純一弁護士が運営されている Netlaw 東京高裁判決にてご確認下さい。
著作権法については、社 団法人 著作権情報センター でご確認下さい。

リンク
RINNEアニメ化待機し隊!!
shiwakutya
輪廻の森
萌えた本を語る!

相互リンク大歓迎です。メールや掲示板でお知らせ下さい。
関連サイト
う る星やつらの博物誌
ら んま/考
犬研(犬 夜叉の研究)
Twitter @urubosi82
お絵描きるーみっく
掲示板
メール フォーム
blog 雑話
欧米での日 本のアニメ
Urusei and Ranma
北越雪譜
管理画面
最近記事のRSS
りんね考バナー1
りんね考 バナー2
りんね考 バナー3
「輪廻の森」の遥澄さんにバナーを作っていただきました。
ブログランキング
にほんブログ村
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ブログ王ランキング
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
月別アーカイブ